外務省、アメリカでのインフルエンザ流行でスポット情報 12,000人死亡

2020年2月10日 月曜日 12:29 PM

外務省海外安全ホームページ

外務省は、アメリカでインフルエンザが流行していることから、適切な予防策を講じるように求めるスポット情報を発出した。

アメリカ疾病管理予防センター(CDC)は、今シーズンに2,200万例の症例が確認され、21万例が入院、12,000例が死亡したと推定している。

CDCでは、インフルエンザや潜在的に深刻な合併症を予防するため、毎年インフルエンザワクチンを接種することや、病気の人との密接な接触を避ける、石けんと水で頻繁に手を洗うなどの予防策を推奨している。

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内