茨城発着の中国本土路線、全路線が運休 2月末まで

2020年2月8日 土曜日 9:30 午前

茨城空港

茨城発着の中国本土路線を運航する春秋航空と青島航空は、全路線を運休する。

春秋航空は、当初は月・金・土・日曜の週4便を運航する上海/浦東線を、2月2日から9日まで月・金曜の週2便に減便し、2月10日以降運休する。火・木・土・日曜の週4便を運航する西安線も、2月2日から運休する。期間は2月29日までを予定している。

連続チャーター便を運航している青島航空は、木・日曜の週2便を運航する南京線、火・木・土曜の週3便を運航する長春線、火・金・日曜の週3便を運航する福州線は、それぞれ2月2日、4日、7日から2月末まで運休する。

中国政府は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、団体旅行を停止するよう指示している。日本でも、発生源の武漢が位置する湖北省に14日以内に滞在した外国人と、湖北省発行のバスポート保持者の入国を2月1日から禁止している。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内