キャセイパシフィックグループ、供給座席数3割削減 日本線5路線で運休・減便

2020年2月7日 金曜日 7:42 PM

キャセイパシフィック航空・キャセイドラゴン航空

キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空は、新型コロナウイルスの感染拡大により需要が減少していることから、路線全体の供給座席数を30%、中国本土発着便を約90%削減する。

香港〜ロンドン/ガトウィック・ローマ・ワシントン・ニューヨーク/ニューアーク・マレ・ダバオ・クラーク・済州・台中線と、香港と北京・上海・成都・厦門を除く中国本土を結ぶ各路線は、3月28日まで一時的に運休する。

日本路線も減便する。東京/成田〜香港線は週35便から31便に、大阪/関西〜香港線は週28便から21便に、名古屋/中部・福岡〜香港線は週14便から7便に、2月17日から3月28日までの間、それぞれ減便する。名古屋/中部〜台北/桃園〜香港線は、2月10日から3月28日まで運休する。

影響が発生する予約客に対して代替便の手配を行うほか、無手数料での払い戻しにも応じる。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内