JAL、中国線7路線で運休・減便・小型化 2月17日から

2020年2月4日 火曜日 4:27 午後

日本航空(JAL、ボーイング787-8型機)

日本航空(JAL)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い需要が減退していることから、2月17日より、中国本土発着路線を運休・減便・小型化する。

東京/成田〜北京/首都・上海/浦東線と名古屋/中部〜上海/浦東線を運休(北京発JL860便は2月18日から)する。

東京/羽田〜北京/首都線は、JL025便とJL020便(現地発18日から)を運休し、JL021便とJL020便は機材をボーイング767−300ER型機からボーイング787-8型機に小型化する。

大阪/関西〜上海/浦東線は、JL897便とJL898便を運休し、1日1便のみの運航とする。東京/成田〜広州線と東京/成田〜大連線は、月・水・金・日曜の週4便の運航に減便する。

東京/羽田〜上海/虹橋・上海/浦東線と名古屋/中部〜天津線は通常通り運航する。2月16日までの間も、予約状況をもとに、一部便の運休

これにより、中国路線の運航便数は週98便から43便となり、半減する。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内