フィリピン政府、中国本土・香港・マカオからの入国制限 乗り継ぎも不可

2020年2月3日 月曜日 4:07 午後

フィリピン政府は、中国本土・香港・マカオからの渡航制限を開始した。

14日以内に中国本土・香港・マカオを訪れた人のフィリピンへの入国や乗り継ぎはできない。フィリピン国籍者や永住ビザ保持者は対象とならない。また、フィリピン国籍者や永住ビザ保持者は、中国本土・香港・マカオへの渡航はできない。

セブパシフィック航空は、香港・マカオ発着のフライトを2月29日まで、中国本土発着のフライトを3月29日まで欠航する。キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空は、2月29日までの航空券で、経路変更手数料や払い戻し手数料を無料化する。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内