フィンエアー、中国本土線全便欠航 香港線は継続

2020年1月31日 金曜日 9:42 PM

フィンエアー(エアバスA350-900型機)

フィンエアーは、2月6日から29日まで、中国本土を発着する全便を欠航する。欠航までの期間を確保することで、乗客に対して猶予を与える。

2月5日から29日まで、中国本土全都市へのフライトをキャンセルする。広州〜ヘルシンキ線は、3月29日まで運航を取りやめる。また、1月31日から2月29日までの搭乗分の、中国本土線の予約受付を停止した。

すでに、北京/大興〜ヘルシンキ線を2月5日から3月29日まで、南京〜ヘルシンキ線を2月8日から3月29日まで、それぞれ欠航することを発表していた。香港〜ヘルシンキ線は予定通り運航する。

フィンエアーは、2020年冬スケジュールには、北京/首都、北京/大興、上海/浦東、南京、広州、香港とヘルシンキの間を、週35便体制で結んでいる。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内