FDA、小牧空港で車椅子対応エレベーター付きパッセンジャーステップ車を運用開始

2019年12月31日 火曜日 5:00 午後

fda_passengers_step_car

フジドリームエアラインズ(FDA)は、MHIエアロスペースプロダクション(MAP)と共同開発した「車椅子対応エレベーター付パッセンジャーステップ車」を、小牧空港で12月24日から運用開始した。

パッセンジャーステップ車は、航空機に搭乗・降機する際に使用する階段がついた専用車両で、小牧空港などのボーディングブリッジが無い駐機場で使用する。これに、車椅子に対応するエレベーター機能を付加したもので、日本で初めて導入した。

これまで車椅子の利用者が搭乗する際、パッセンジャーステップ車に備え付けられた昇降用リフトを利用するケースが主流だったが、新車両では空港地上係員の操作・誘導のもと、車椅子の利用者がエレベーターにより搭乗ドアの高さまで上昇でき、風雨を防ぎながら搭乗できるようになった。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内