チェジュ航空、イースター航空を買収 業界再編進む

2019年12月19日 木曜日 10:15 午前

チェジュ航空(ボーイング737 MAX 8)

チェジュ航空は、イースター航空を買収する。年内にも株式の売買契約を締結する。

どちらも韓国の格安航空会社(LCC)で、ボーイング737型機を保有し、日本線を中心とした短距離国際線を運航している。チェジュ航空は、イースター航空の大株主であるイースターホールディングスが保有する、発行済株式の51.17%にあたる4,971,000株を取得する。イースター航空の買収提案は、チェジュ航空側から行ったという。

チェジュ航空は、大手財閥の愛敬グループの企業で、韓国のLCCではトップシェアを誇る。イースター航空は韓国のLCC業界5位。愛敬グループは、錦湖アシアナグループからアシアナ航空を買収する意向を示し、入札にも参加していたものの、優先交渉権者には選ばれなかった。

チェジュ航空の李碩住(イ・ソクジュ)取締役社長は、「イースター航空の買収を通じ、マーケットシェアを拡大し、LCCの事業モデルの運営効率を極大化し、韓国LCCの優越的地位を強固にする予定。安全運航体系の確立と顧客満足度の改善という目標のため、最善を尽くす計画」とコメントした。(内容を追記の上、再掲します/12月19日午前10時15分)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内