カンタス航空、東京/羽田〜メルボルン線開設 成田から移管

2019年12月16日 月曜日 12:16 PM

カンタス航空(チャンギ国際空港)

カンタス航空は、東京/羽田〜メルボルン線を2020年3月29日に開設する。

現在運航している、東京/成田〜メルボルン線を移管するもの。機材はエアバスA330型機を使用する。

ティノ・ラスピーナ国際路線部門CEOは、「メルボルンには、現在170以上の様々な業種の日本企業があり、ビジネスでの利用者にも需要があると確信しています。タスマニア、南オーストラリアなど各地への乗り継ぎにもご利用いただけます」と利便性を強調した上で、日本からオーストラリアへの旅行者は過去5年間で40%程度増加し、2026年までに626,000人に達すると予想されていることから、大阪/関西〜シドニー線の通年運航や、札幌/千歳〜シドニー線の季節運航など、ネットワークを強化しているとした。

これによりカンタスグループは、カンタス航空による東京/羽田・大阪/関西〜シドニー線と東京/成田〜ブリスベン線を通年運航、札幌/千歳〜シドニー線を冬期に季節運航するほか、ジェットスター航空が東京/成田・大阪/関西〜ケアンズ線と東京/成田〜ゴールドコースト線をあわせた、8路線を運航することになる。

■ダイヤ
QF80 東京/羽田(21:30)〜メルボルン(09:00+1)
QF79 メルボルン(10:30)〜東京/羽田(20:00)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内