ベトナム政府、ビザなしで30日以内の再入国を認めない規定撤廃 来年7月に

2019年12月15日 日曜日 9:58 午後

ベトナム政府は、入管法を改正し、出国後30日以内の査証(ビザ)なしでの再入国ができない規定を、2020年7月1日より廃止する。

この規定は、2014年1月に出入国法改正に伴って導入。導入当初は、入国の際、出国日時点でパスポートの有効期限が6ヶ月以上、前回のベトナム出国から30日以上、往復航空券か第三国への航空券を保有、入国禁止対象者リストに属さないの4条件を満たした場合のみ、最大15日の滞在が許可されていた。また、到着空港でのアライバルビザは、大使館がない国や複数国を経由して入国する人を対象に発給しており、日本人は対象とならなかった。

日本から往復ともにベトナムで乗り継ぎ、入国する場合、2回目の入国がビザなしではできないほか、2017年のe-VISA導入後も、商用での入国はe-VISAの対象とならないことなどから、撤廃を求める声が上がっていた。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内