JapanTaxi、事前確定運賃の提供開始 東京と札幌で

JapanTaxiは、「JapanTaxi」アプリで、事前確定運賃の提供を、東京と札幌で10月28日午後3時より開始する。

新たに認可されることに伴い提供するもので、まずは日本交通と金星自動車が運行する約2,200台からスタートする。11月には帝都自動車交通の全1,119台にも拡大する。

事前確定運賃は、利用者がアプリ上で出発地と到着地を入力し、提案されるルートや運賃の中から最適なものを選択することで提示される。迎車料金や高速道路の通行料金は別途必要となる。

利用者の希望により経路を変更する場合や、やむを得ず経路変更を希望する場合、事前確定運賃を全額支払いの上、経路変更を申し出た場所から新しい目的地までのメーター運賃を支払う必要がある。待ち合わせ時間を超過した場合には事前確定運賃での運行はできない。

「JapanTaxi」アプリは、2011年にサービスを開始。ダウンロード数は800万以上で、全国約7万台の配車に対応している。東京都内の大手タクシー会社では、約8割の配車がアプリ経由となっている。