台風で一部運休続く北陸新幹線の代替ルート 東京~富山間の移動は「超快速」利用もアリ?【コラム】

2019年10月18日 金曜日 12:23 PM

①北陸新幹線 長野新幹線車両センター浸水

台風の影響で、一部運休が続く北陸新幹線について、国土交通省や鉄道各社は、代替ルートについて周知を進めている。

国土交通省などによれば、北陸新幹線の復旧には最低でも概ね1~2週間かかる見込みとしている。また、再開したとしても車両が浸水したことにより、運転本数はこれまでの5~6割程度となる見込みとしている。

今回、この記事では、東京方面と金沢・富山方面を結ぶ代替ルートについて特集する。

東京~金沢間の最速ルートは、「原則」は東海道新幹線経由(か航空機利用)

ANA(エアージャパン、ボーイング767-300型機)

北陸新幹線不通時の東京~金沢間の最速の公共交通機関は、小松空港発着の航空機利用。東京~富山間も富山空港発着が最速だ。しかし、すでに直近の日程では多くの便が満席のため、ここでは取り上げない。

東海道新幹線

鉄道で比較的早いルートは、東海道新幹線(米原駅経由)と特急しらさぎを乗り継ぐルートか、東海道新幹線(京都駅経由)と特急サンダーバードを乗り継ぐルートである。金沢までの所要時間は概ね4~5時間程度。富山までは更に乗り継ぎが必要のため、プラス1時間程度かかる。

しかし、ネット上の情報や指定席の発売状況をみると、すでに混雑しているようだ。土休日などは激しい混雑が懸念される。

1 2 3

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内