JR東日本、各地で甚大な被害 北陸新幹線や両毛線など、武蔵小杉駅も冠水

2019年10月13日 日曜日 8:40 PM

JR東日本

JR東日本は10月13日、台風19号による各地の被害状況を明らかにした。

①北陸新幹線 長野新幹線車両センター浸水

北陸新幹線の長野新幹線車両センターは、氾濫した千曲川近くにあり浸水した。各報道によれば車両10編成が浸水していることがわかっている。午後8時現在、長野~富山駅間で運転を見合わせている。

中央本線は、梁川~四方津駅間で線路に土砂が流入した。14日以降は高尾~大月駅間で当面の間運転を見合わせる。

両毛線 大平下~栃木間 永野川橋りょう 橋台背面流出

両毛線は、大平下~栃木駅間の永野川橋梁にて、一部が流出した。画像からは線路が宙吊りになっている様子がわかる。桐生~小山駅間で運転を見合わせている。

水郡線 袋田~常陸大子間 第六久慈川橋りょう 橋桁流出

水郡線は袋田~常陸大子駅間の第六久慈川橋梁の橋桁が流出した。全線で運転を見合わせている。

横須賀線 武蔵小杉駅 駅構内冠水

横須賀線 武蔵小杉駅 駅構内冠水

横須賀線は運転を再開したが、武蔵小杉駅の駅構内が冠水した。駅の通路が冠水し、自動改札機の約1メートルの高さに迫るまで冠水している様子がわかる。横須賀線は武蔵小杉駅を通過扱いとしている。南武線、東急東横線・目黒線の武蔵小杉駅は利用できる。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内