エアアジアグループ、KLIA2の旅客サービス料増加分の徴収開始 判決受け決定

2019年8月8日 木曜日 9:52 PM

クアラルンプール国際空港

エアアジアグループは8月8日、マレーシアのクアラルンプール高等裁判所の判決を受け、クアラルンプール国際空港第2ターミナル(KLIA2)の旅客サービス料の増加分の徴収を、きょう深夜より開始する。

ASEAN域外へ向かう場合、徴収される予約サービス料は、これまでの50マレーシアリンギットから73マレーシアリンギットとなる。以前は32マレーシアリンギットで、わずか2年で2倍に増加した。追加される23マレーシアリンギットは「旅客サービス料-抗議中(Passenger Service Charge – Under Protest)」として、明細に記載される。

旅客サービス料は、航空会社が乗客に代わり、航空券の発券時に徴収する。エアアジアグループでは、KLIA2の数々の欠陥やサービスが劣っていることなどを理由に、増額分の徴収を拒否していた。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内