デルタ航空、東京/成田〜シンガポール線から撤退 9月22日で

2019年8月2日 金曜日 5:59 PM

デルタ航空

デルタ航空は、東京/成田〜シンガポール線から、9月22日をもって撤退することを決めた。

現在はボーイング767-300型機を使用して、1日1便を運航している。大韓航空との共同運航(コードシェア)によって、アメリカからシンガポールへのアクセスは維持する。デルタ航空太平洋地区広報部は、「米国〜シンガポール間は引き続き、仁川経由の大韓航空とのコードシェア便をご利用いただけます。」と市場撤退ではないことを強調した。

成田空港からの以遠権を活用した路線は、上海/浦東、ソウル/仁川、バンコク線などですでに運航を取りやめるなど、年々縮小していた。現在運航しているのは、マニラとシンガポールの2路線のみとなっている。2018年からは大韓航空と共同事業を展開し、仁川国際空港では第2ターミナルに集約。アジア路線は大韓航空と共同運航(コードシェア)を拡大していた。

成田空港を発着するデルタ航空の路線は、シアトル、ポートランド、デトロイト、アトランタ、ホノルル、シンガポール、マニラの7路線。羽田空港の発着枠拡大に伴い、アメリカの航空会社に割り当てられる発着枠12枠のうち、5枠の仮割当を受けている。仮に認められたのは、シアトル、ポートランド、デトロイト、アトランタ、ホノルルの5都市を結ぶ路線。すでにミネアポリスとロサンゼルスへの路線を展開しており、成田空港を発着する路線のほとんどを羽田空港発着路線や、大韓航空とのコードシェアでカバーできる状況で、成田空港からの撤退も現実味を帯びている。

■ダイヤ
DL169 東京/成田(17:20)〜シンガポール(23:45)
DL168 シンガポール(05:45)〜東京/成田(14:05)

■関連記事
アメリカ運輸省、デルタ航空の羽田空港発着5路線開設を仮承認 シアトル・デトロイト・アトランタ・ポートランド・ホノルル線

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内