茨城交通の高速バスでQRコード決済の実証実験 QRコード2社に対応

2019年7月25日 木曜日 11:49 AM

みちのりホールディングス、茨城交通、小田原機器の3社は、茨城交通の運行する高速バス「勝田・東海線」の車内で、QRコード決済の実証実験を、7月29日より開始する。

対応するのは、「PayPay」と「Alipay」で、8月以降順次拡大する予定。みちのりHDはサービス設計、茨城交通は高速バスの運航、小田原機器はQRコード決済システムの開発と提供を担う。東京駅発の下りは降車時、東京駅着の上りは乗車時に決済する。利用するQRコードのブランドは自動判別できる。

QRコード決済ではキャッシュレスでの乗車という利便性向上のほか、高速バス車内でのオペレーションや利用動向を整理し、今後の実装に向けた課題を抽出することを主眼に置いている。期間は10月31日まで。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内