新生「阿蘇山ロープウェー」建設決定 2020年度内完成目指す

2019年6月21日 金曜日 9:31 午前

阿蘇山ロープウェー

九州産交ツーリズムは、「阿蘇山ロープウェー」の架け替えを決定した。

同施設は、2016年4月の熊本地震と10月の阿蘇中岳噴火により甚大な被害を受けており、2018年10月より安全面・景観面を考慮し解体工事を進めていた。今回の架け替えでは安全対策に注力しており、ロープ自体が動く方式の採用や、主要装置の山麓側への移動などにより、火山ガスや強風、火山噴火への耐性をより強固なものにしている。また、駅舎についても安全対策を重視し、直径50センチメートルの噴石が貫通しない程度の強度で建設し、十分な広さの避難待機所を設けるなどしている。

竣工は2020年度を目指しており、完成した際には、山麓の阿蘇山西駅(標高1,150メートル)と山頂の火口西駅(標高1,258メートル)を、旧ロープウェーより1分ほど短い約3.5分で結ぶ予定だ。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内