エアバス、ANAにA380型機初号機を引き渡し きょう午後に成田到着へ

2019年3月21日 木曜日 12:41 AM

エアバスは、全日本空輸(ANA)に総2階建て旅客機、エアバスA380型機「FLYING HONU」の初号機(機体記号:JA381A)を現地時間3月20日、フランス・トゥールーズで引き渡した。

デリバリーセレモニーは、3月20日現地時間午後1時(日本時間同日午後9時)から、フランス・トゥールーズのエアバス・デリバリーセンターで開催された。エアバスのトム・エンダース最高経営責任者(CEO)、ロールスロイスのクリス・チョラートン民間航空部門プレジデント、ANAホールディングスの片野坂真哉代表取締役社長が出席し、引き渡しを祝った。

ANAホールディングスは、2016年にエアバスA380型機を3機発注。東京/成田とホノルルを結ぶ路線に、5月24日から順次投入することを計画している。

片野坂真哉代表取締役社長ら、約50名が搭乗したフェリーフライトは、NH9398便として現地時間午後4時半ごろ(同21日午前0時ごろ)にトゥールーズを出発。あす3月21日午後1時ごろにも成田国際空港に到着する見通し。到着後にはセレモニーを開催する。

1 2

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内