関西の鉄道18社局、振替輸送の利用方法変更 振替乗車票の配布終了、IC乗車券は対象外に

2019年1月19日 土曜日 4:20 午後

関西の鉄道事業者18社局は、列車の運転見合わせ時に実施する振替輸送の利用方法を3月16日より変更する。

現在は特定の乗換駅のみ利用できたものの、今後は振替乗車の対象となる乗車券の区間内であれば、任意に選択できるようにする。振替乗車票の配布は終了する。バスなどのほか近畿日本鉄道の東海エリアでの振替輸送については、これまで通り振替乗車票を配布する。

また、現在は「改札入場後のICカード乗車券」も振替輸送の対象としているものの、運転見合わせとなった駅で出場する際に「ICカード乗車券使用証明書」を受け取ることや、当日か後日に運賃の支払いが必要になるなど手続きが煩雑であることから対象外とする。IC定期券は振替輸送の対象となる。京都市交通局の「トラフィカ京カード」、神戸市交通局の「NEW Uラインカード」も対象外となる。

対象となるのは、近江鉄道、大阪高速鉄道、大阪市高速電気軌道、北大阪急行電鉄、京都市交通局、近畿日本鉄道、京阪電気鉄道、神戸市交通局、神戸新交通、神戸電鉄、山陽電気鉄道、泉北高速鉄道、南海電気鉄道、西日本旅客鉄道(JR西日本)、阪堺電気軌道、阪急電鉄、阪神電気鉄道、北神急行電鉄の各社。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内