プライオリティパスでお好み焼きがタダ 関空ぼてぢゅう祭りを検証した【橋賀秀紀のフカボリ!】

ぼてぢゅうグループ

みなさんこんにちは。トラベルジャーナリストの橋賀秀紀となる。

さて、今回のネタは関空内のお好み焼き屋「ぼてぢゅう」についてとなる。みなさんもご承知の「プラオリティパス」。「楽天プレミアムカード」をはじめ、「プライオリティパス」と提携しているクレジットカード会員になることで、年会費1万円程度のカード会員なら、世界約500都市にある計約1,200の空港内ラウンジが無料で利用できるというすぐれもの。筆者もよく利用させていただいている。

この「プライオリティパス」、もともとはラウンジだけが対象だったのですが、近年、空港内の飲食店でも一定額の範囲内なら無料で飲食できるというサービスが一部の旅行者の間で話題になっていました。それが2017年12月以降、関西国際空港内のお好み焼き屋「ぼてぢゅう」で最大3,400円まで無料で飲食できることになり、「ぼてぢゅう祭り」が発生していました。

ここで「ぼてぢゅう関西国際空港店」をプライオリティパスで利用する条件について振り返ってみましょう。

利用金額は1人税込み3,400円まで。ところがメニューは税抜き表示なので、無料で利用できる範囲内に収めるには税抜きで3,148円以内にする必要がある。メニューはもちろん店内にありますが、こちらのサイトなども参考になる。

開店時間は朝7時から夜22時まで。朝10時までは980〜1,280円のモーニングメニューとなる。ちなみにビールとハイボールならメニューにはないお酒を頼むことができるようとなる。

このぼてぢゅう、当初は搭乗券の提示が必要なかったので、到着時でも利用できたのですが、2018年4月以降、搭乗券の提示が求められるようになり、搭乗前しか利用できなくなりました。ただし、制限区域外の旅客ターミナルビル3階にあるので、国内線・国際線利用を問いません。

気をつけなければならないのが調理に時間がかかること。オンラインチェックインできる航空会社なら問題ないのですが、空港でチェックインする場合、早めにチェックインした後、3階に行かなければならない点となる。また、以前はテイクアウトも可能だったのですが、プライオリティパス利用者にかぎり、テイクアウトは不可となっている。

このようにいくつかの「改悪」が見られた「ぼてぢゅう」ですが、それでも依然利用価値は高いといえます。1品のボリュームがかなり大きいため、3,148円に達成するのはなかなか至難のワザ。搭乗前に無理に詰め込みすぎて機内で体調を崩す、などという本末転倒な状況にならないためにも、ほどほどにしておいた方が良いでしょう。

ただどうしても利用金額ギリギリまで元を取りたいタイプの方には、炭水化物でお腹がふくれないステーキを狙うのがよいのだとか…。

なお、海外にもアメリカ・オーストラリア・イギリス・シンガポールにプラオリティパスを利用して無料で食べられるレストランがあります。2018年12月現在、少なくとも以下のレストランが対象となっている。

クリーブランド空港(Bar Symon)・デンバー空港(Timberline Steaks & Grille)・ニューヨークJFK空港(Bobby Van’s Steakhouse)・レキシントン空港(Kentucky Ale Tap Room)・マイアミ空港(Corona Beach House・Air Margaritaville・Viena)・ミネアポリス空港(PGA MSP Lounge)・ポートランド空港(Capers Cafe Le Bar・House Spirits Distillery・Capers Market)・ロサンゼルス空港(Barney’s Beanery)・セントルイス空港(The Pasta House・The Pasta House & Schlafly Beer)・シドニー空港(Better Burger・Mach 2・Peroni Bar・Bistro 2020 & Bar・MoVida・Bar Roma・Wok on Air)・メルボルン空港(Bar Pulpo by MoVida・Cafe Vue・Urban Provodore)・ブリスベン空港(The Pasta House & Schlafly Beer・Graze Grill & Bar・Corretto Cafe & Bar)・シンガポール空港(The Green Market)・ ロンドンガトウィック空港(Grain Store Cafe & Bar)など。

アメリカの多くの店が28ドル(約3,060円)、オーストラリアの店は36オーストラリアドル(約2,980円)、ロンドンは15ポンド(2,190円)、シンガポールはプライオリティパス会員向けの定食が無料となっている。

こうしてみるといまのところぼでぢゅうが世界最強クラスということになりそうとなる。ちなみに店舗によってはチップは別途必要になる(もしくはチップの分をあらかじめ引いた額までなら無料で食べられる)のでご注意を。