横須賀と北九州を結ぶ新規フェリー航路を2021年春に開設へ 

2018年12月19日 水曜日 8:53 午前

阪九フェリーと新日本海フェリーを中心とするSHKライングループは、神奈川県の横須賀港と福岡県の北九州港の間に、新規フェリー航路を開設することを発表した。

横須賀港と北九州港の間を1日1便(日曜日は除く)で運航することを計画している。所要時間は20時間30分の予定。使用船舶は総トン数16,000トン級のフェリー2隻。約170台の貨物車を積載できる。

阪九フェリー、新日本海フェリーなどSHKライングループ各社を加えた新会社が運航する予定としている。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内