グランドゥース、大阪・新今宮に大規模民泊専用施設を開業予定 2020年7月に

2018年12月16日 日曜日 6:29 午前

グランドゥースは、大阪・西成の新今宮駅至近に大規模民泊専用施設を2020年7月にオープンすることを決定した。

客室面積は45平方メートルで、著名デザイナー監修の下、洗練された空間と快適性を追求した家具家電を備え、コンセプトである「至福の日常空間を提供する」を実現することを目指す。客室数は50室を予定している。

グランドゥースは西日本を中心に300室を超える民泊施設を運営しており、12月末には500室の達成を見込んでいる。新今宮駅近辺エリアは、交通の利便性に優れ、星野リゾートが運営するホテルも、2022年のオープンに向け開発に着手したことから注目が高まっている。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内