ベビースターラーメン工場一体型施設「おやつタウン」、三重・津に2019年夏開業

2018年7月26日 木曜日 1:24 午後

おやつタウンは、おやつカンパニー70周年を記念し、工場一体型施設「おやつタウン」を2019年夏に三重県津市に開業する。

「たっぷりたのしい夢としあわせの提供」をテーマに、「遊べる」「学べる」「創れる」をコンセプトとしている。親子で体験できるオリジナルのベビースターラーメン作りや最新のITを活用したコンテンツ、国内最大級の屋内型アスレチック、子どもだけが入室できる秘密の研究所などを備えた。

おやつミュージアム、おやつ広場、体験コーナー、フード&お土産コーナーの4つのエリアに分かれており、子供だけでなく大人も懐かしさを実感しながら楽しめる。おやつミュージアムは昭和の様子を再現し、当時の生活用品などを展示する。ベーゴマやメンコなど当時の遊びを体験できるコーナーも設けた。おやつ広場には高さ8メートルの巨大ホシオくんから滑るスライダーや日本最大級の屋内型アスレチック、タイムを競える体験ゲームも備える。体験コーナーは世界に一つだけのベビースターラーメンを作りながらさまざまなベビースターができあがるまでの工程を学ぶこともできる。

広さは約1,200坪で、投資額は約25億円。近隣の観光地や輸送機関、宿泊施設、旅行会社、教育機関、地元企業などとの連携を推進し、初年度来園者数40万人、初年度売上12億円を目指す。営業時間は午前10時から午後6時までを予定している。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内