クラブツーリズム、東海地方にも最上級ブランド向けラグジュアリーバス 2台を導入

2018年7月24日 火曜日 2:02 PM

クラブツーリズムは、最上級ブランド「ロイヤル・グランステージ」で利用するバス、「ロイヤルクルーザー四季の華」の最新車両「碧(あおい)号」を2台、東海地区で導入する。

初代「ロイヤルクルーザー四季の華」の「風号」は2007年にデビューした。近年は高級バスに注目が集まっていることから、2016年4月に建築家の隈研吾氏が内装デザインを監修した「新型海号」、2017年4月には「空号」の運行も開始している。

バスは日野自動車製といすゞ自動車製で、座席数は18席を配置。シートピッチは128.5センチ、座席横幅は51センチとゆったりとした作りになっている。窓上の荷物棚を取り外し、座席前にデスク型の木製手荷物置き場を設けたことで、座席の奥行や上方にゆとりの空間ができ、視界をさえぎることなくワイドな車窓を堪能できるようになった。手荷物置きの下は空洞となっており、足をゆったり伸ばすことができるほか、シートはベージュのレザーでラグジュアリーさを演出している。車内には化粧台付きトイレが完備しているほか、各席にはUSB、AC電源が備わる。

運行開始日は日野自動車製は7月1日、いすゞ自動車製は8月1日。日野自動車製は名阪近鉄バス、いすゞ自動車製は三重交通に運行委託する。百貨店の外商部門など異業種と連携し、富裕層に向けたプロモーションを行う。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内