ソラシドエア、JALグループと手荷物連帯運送 最終目的地まで荷物の預け入れ可能に

2018年3月27日 火曜日 10:15 AM

ソラシドエアは、4月1日から、ソラシドエアから日本航空(JAL)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、ジェイエア(J-AIR)、日本エアコミューター(JAC)のJALグループ便への乗り継ぎの際、経由地が同一空港である場合に限り、最終目的地まで荷物の預け入れが可能となると発表した。

JAL便名で販売している、フジドリームエアラインズ、天草エアラインとの共同運航(コードシェア)便も含まれている。搭乗手続きはできない。

両社間の乗り継ぎの際、東京/羽田では50分以上、名古屋/中部・宮崎・熊本・長崎・鹿児島・大分・沖縄/那覇・石垣では30分以上の乗り継ぎ時間が必要となる。

ソラシドエアではすでに、全日本空輸(ANA)、エア・ドゥ、オリエンタルエアブリッジ、スターフライヤー便への乗り継ぎの場合、最終目的地までの搭乗手続きと手荷物の預け入れができる。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内