駅のアナウンス、スマホで多言語化 成田空港2駅で実証実験

2017年12月16日 土曜日 10:33 AM

ヤマハとJR東日本は、成田空港駅と空港第2ビル駅のコンコースとホームで、ヤマハが開発した「おもてなしガイド」を活用した多言語対応サービスの実証実験を行う。

日本語のアナウンスをスマートフォンアプリ「おもてなしガイド」上で多言語に翻訳された文字として表示することにより、訪日外国人や音を聞き取りにくい利用者への情報提供を目的としている。アプリのダウンロード後はインターネットに接続しなくても利用できる。利用料金は無料で、日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、タイ語、フランス語、スペイン語に対応する。

実施期間は12月18日から当面の間を予定している。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内