東京空港交通など、訪日外国人へICT活用のおもてなしサービスの実証実験実施

2017年2月3日 金曜日 8:14 AM

ict

一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会、J&J事業創造、東京空港交通、日本電気(NEC)、ホテルオークラ東京は、訪日外国人に対するICTを活用したおもてなしサービスの実証実験を、六本木・虎ノ門エリアで2月6日から28日まで段階的に実施する。

すべての旅行者がストレスなく快適に観光を満喫できる環境の実現に向けて、官民協力をして推進している「IoTおもてなしクラウド事業」の一環として実施するもので、訪日外国人は自ら登録する母国語、アクセシビリティ、食の禁忌、旅券情報等のパーソナルデータと交通系ICカードを連携させ、おもてなしを受けたいサービスを選択することで、ホテル・レストラン・小売等のサービス事業者は訪日外国人から提供されたパーソナルデータに基づき、各自に適したおもてなしサービスを提供する。

訪日外国人のパーソナルデータの交通系ICカードへの登録は東京タワー2階特設ブースと羽田空港国際線ターミナル2階到着ロビーで行う。羽田空港国際線ターミナル2階到着ロビーのリムジンバス乗車券発券カウンターでバス乗車券を購入した乗客のパーソナルデータをバス到着予定時間とともにホテルオークラ東京に伝達する。ホテルオークラ東京では、チェックイン時に旅券情報を取得することでスムーズなチェックインを提供し、ホテルオークラ東京のコーヒーショップ「ダイニングカフェカメリア」では交通系ICカードで利用者の食の禁忌や好みについての情報を取得することで適切なメニュー案内を行う。ドラッグストア・トモズ 東京ミッドタウン店では免税手続きの簡素化を検証する。「IoT おもてなしクラウド」との連携支援も行う。

実証実験の結果を踏まえ、2020年に向けた社会実装を目指す。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内