2016年の定時到着率、トップはハワイアン LCC部門ではスカイマークもランクイン

2017年1月6日 金曜日 9:11 午後

oag

航空関係のシステムなどを提供するOAGは、2016年の空港と航空会社別の定時到着率を発表した。

エアライン別の定時到着率は、ハワイアン航空が89.87%でトップ。続いて、コパ航空、KLMオランダ航空、カンタス航空、日本航空(JAL)、フライビー、アラスカ航空、イベリア航空、モナークエアライン、シンガポール航空、オーストリア航空、全日本空輸(ANA)、ゴル航空、ヴァージン・オーストラリア、デルタ航空、フィンランド航空(フィンエアー)、トランザビア航空、エアリンガス、ガルフ・エア、Jet2.comの順だった。

格安航空会社(LCC)のトップ20は、モナークエアライン、ゴル航空、トランザビア航空、Jet2.com、ジャーマンウイングス、ウエストジェット航空、サウスウエスト航空、タイ・エアアジア、スカイマーク、ユーロウイングス、フロンティア航空、ヴァージン・アメリカ、インディゴ、ジェットブルー航空、イージージェット、春秋航空、スピリット航空、ジェットスター航空、エアアジアの順だった。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内