チャイナエアライン、トランスアジア航空運航路線を引き継ぎへ 日本線も

2016年11月23日 水曜日 10:43 PM

チャイナエアライン

台湾の内閣にあたる行政院は、トランスアジア航空が運航していた路線のほぼ全てを、チャイナエアラインが12月から引き継いで運航すると発表した。

民間航空法の第59条と60条の規定に基づくもので、公共の利益のために必要とされるものとしている。離島を中心に、トランスアジア航空のみが運航している路線があり、住民生活への影響を考慮した。

運航機材などについては明らかになっていない。トランスアジア航空は大阪/関西、東京/成田、札幌/千歳、函館、旭川、仙台、福岡〜台北/桃園線に乗り入れており、全路線が引き継がれれば、チャイナエアラインは函館、旭川、仙台に新たに就航することになる。

チャイナエアラインは1959年12月に設立。旅客機75機と貨物機21機を保有し、共同運航(コードシェア)便を含めると、29ヶ国145地点に就航している。従業員数は10月末時点で12,562名。

■関連記事
トランスアジア航空、航空券の払い戻し案内を開始 復路が11月30日までの航空券は代替便手配
トランスアジア航空、解散を正式発表 乗客や社員ら保護のため緊急タスクフォース設置

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内