ヨーロッパ・シェンゲン協定加盟国への渡航、事前申請必要に 5ユーロで5年有効

2016年11月18日 金曜日 7:20 PM

欧州委員会

欧州委員会(EC)は現地時間11月16日、ヨーロッパへの査証なしの旅行者に対して認可システム「ETIAS(European Travel Information and Authorisation System)」を導入すると発表した。日本人も対象となる。

シェンゲン協定加盟国である、オーストリア・ベルギー・チェコ・デンマーク・エストニア・フィンランド・フランス・ドイツ・ギリシャ・ハンガリー・アイスランド・イタリア・ラトビア・リヒテンシュタイン・リトアニア・ルクセンブルグ・マルタ・オランダ・ノルウェー・ポーランド・ポルトガル・スロバキア・スロベニア・スペイン・スウェーデン・スイスの26ヶ国へ渡航する際、事前にパスポート番号や犯罪歴などを登録し、ユーロポールやインターモールなどが持つデータと照合する。費用は5ユーロで、5年間有効。大半のケースでは、認可は数分以内に与えられる。

欧州連合(EU)国境でのより効率的な管理に貢献し、セキュリティが向上するとしている。同様のシステムはアメリカやカナダ、オーストラリアも導入している。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内