15%

バス料金の支払い、スマホで簡単に 「BUS PAY」を平成エンタープライズと海部観光が導入

BUS PAY

アイリッジとデジタルガレージ子会社のイーコンテクストは、バス事業者向けスマホアプリ決済サービス「BUS PAY(バスペイ)」の提供を開始した。7月19日より、平成エンタープライズが埼玉県で運行する路線バスで運用を開始。8月1日からは、海部観光の徳島〜大阪間で運行する高速バスで運用を開始している。

事前にアプリをダウンロードし、アプリ内で支払いを行った上で乗車時に提示するだけでバスを利用できる。iBeaconによる位置情報検知機能を活用しており、利用者がバス停に近づくとスマートフォンに「BUS PAY」に関する情報がプッシュ通知される。利用ごとに乗車券を購入する「都度決済」のほか、一定金額をチャージして利用区間分を支払う路線バス型の「ポイント型決済」の2つの機能を提供する。支払いはクレジットカードから行われる。

両社は今後、位置検知やプッシュ通知機能を深化させ、周辺情報やスタンプ、クーポン情報などの関連情報を提供するなど、サービスを拡充する考え。

詳細はこちら