旧代ゼミ京都校学生寮のホテル、増床オープン 蜷川実花氏らが手掛けたコンセプトルームも

2016年7月22日 金曜日 7:21 午前

ホテルアンテルーム京都

小田急電鉄傘下のUDSは、「ホテルアンテルーム京都」をきょう7月22日に増床リニューアルオープンする。

「ホテルアンテルーム京都」は、ホテル、長期滞在型のアパートメント、ギャラリーの複合施設で、旧代々木ゼミナール学生寮。2011年4月にオープンしており、今回は新たに客室への転換を行うことで、新たに67室を増室した。これにより、長期滞在用の50室を含めた全178室となる。

名和晃平氏や蜷川実花氏ら8組以上のアーティストが手掛けるコンセプトルーム、1階には日本の庭をモダンに表現した庭付き客室を設けるなど、ホテルコンセプトである「常に変化する京都のアート&カルチャーの今」に「和」の要素を加えたほか、約70組のアーティストによる200点以上のアート作品を展示し、関西を中心に活動する若手アーティストを支援するARTOTHEQUE(アルトテック)がアートディレクションを手掛けるフロアを設けるなどの取り組みも行う。1階にはアトリエ・ショップも設けた。

建物は地上6階建て、アクセスはJR京都駅八条口より徒歩12分、地下鉄烏丸線九条駅より徒歩5分。

ホテルアンテルーム京都

ホテルアンテルーム京都

ホテルアンテルーム京都

■関連記事
代ゼミ京都校、小田急グループが取得しホテルに 11月にもオープンへ

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内