キャセイ、ジャンボ全機退役 最終フライトは羽田発

2016年7月22日 金曜日 11:31 午前

cathay_official

キャセイパシフィック航空は、10月1日に東京/羽田を出発する香港行きCX543便をもって、ボーイング747−400型機を退役する。月内にも正式に発表する見通し。

キャセイパシフィック航空は1989年6月にボーイング747-400型機を導入。当時は市街地にあった啓徳空港を拠点とした路線の発展に、主力機材として大きく貢献した。利用した乗客数は約1億6,000万人で、月と地球を約2,700往復に相当する距離を飛行した。

ファーストクラス9席、ビジネスクラスは2階に22席、1階に24席、プレミアム・エコノミークラス26席、エコノミークラス278席の計359席を配置している。10月1日には最終便の搭乗証明書を配布するほか、ゲートでは出発セレモニーを行う予定。すでに航空券は販売しており、空席も残っている。

これにより、羽田空港を発着する旅客便では、タイ国際航空とルフトハンザ・ドイツ航空、カンタス航空の3社のみがボーイング747型機を乗り入れることになる。キャセイパシフィック・カーゴでの貨物機の運航は継続する。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内