マレーシア航空、CEOに元ライアンエアーのピーター・ベリュー氏

2016年7月4日 月曜日 2:23 PM

マレーシア航空

マレーシア航空は、クリストフ・ミュラー最高経営責任者(CEO)の退任に伴う新たなCEOに、元ライアンエアーを経てマレーシア航空最高執行責任者(COO)を務めているピーター・ベリュー氏を充てる人事を発表した。

クリストフ・ミューラー氏はエアリンガスのCEOを務め、マレーシア航空の経営再建のためCEOに2015年1月に就任。大規模なリストラや発注の見直しなどを指揮した。任期は3年で、途中での退任となる。

マレーシア航空を傘下に持つ、国営ファンドのカザナ・ナショナルは、「ミュラー氏には再建計画を継続してもらうことを望んでいたが、我々は彼の意思を尊重した」とのコメントを発表している。

■関連記事
マレーシア航空のクリストフ・ミュラーCEOが辞任

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内