百戦錬磨、関西に営業拠点開設へ 阪急電鉄や南海電気鉄道ら出資のファンドから資金調達

2016年6月8日 水曜日 6:33 PM

stayjapan

「国家戦略特別区域法」の旅館業法の適用除外を活用する、民泊サービス「STAY JAPAN」や「農林漁家民泊の「とまりーな」を運営するとまれるを子会社に持つ百戦錬磨は、池田泉州銀行、阪急電鉄、南海電気鉄道、池田泉州キャピタルが共同出資したSI創業応援ファンド投資事業有限責任組合から1,000万円の資金調達を行ったと発表した。

百戦錬磨は関西での営業拠点を阪急電鉄が運営する会員制スタートアップ支援オフィス「GVH#5」開設し、関西でも民泊サービスを本格展開する。

4月には香港のAIDパートナーズキャピタルホールディングス、海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)、京王電鉄から総額約14億円の資金調達を行っている。また、2014年7月にはアメリカ・カリフォルニアのWiL、2015年11月にはガイアックスも出資している。

■関連記事
ガイアックス、傘下ファンド通じて「とまれる」の百戦錬磨に出資
旅館業法適用除外活用の民泊サービス「とまれる」を傘下に持つ百戦錬磨、2億円の資金調達を発表
民泊サービス「STAY JAPAN」など運営の子会社を持つ百戦錬磨、京王電鉄などから約14億円の資金調達実施

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内