民泊サービス「STAY JAPAN」など運営の子会社を持つ百戦錬磨、京王電鉄などから約14億円の資金調達実施

2016年4月21日 木曜日 6:00 PM

stayjapan

「国家戦略特別区域法」の旅館業法の適用除外を活用する、民泊サービス「STAY JAPAN」や「農林漁家民泊の「とまりーな」を運営するとまれるを子会社に持つ百戦錬磨は、香港のAIDパートナーズキャピタルホールディングス、海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)、京王電鉄から総額約14億円の資金調達を行った。

今後、「STAY JAPAN」と「とまりーな」の海外マーケティングや多言語対応などの事業拡充を行う計画。2014年7月にはアメリカ・カリフォルニアのWiL、2015年11月にはガイアックスも出資している。

とまれるは、2月に東京都大田区、4月に大阪府大東市で民泊物件の認定を取得している。

■関連記事
ガイアックス、傘下ファンド通じて「とまれる」の百戦錬磨に出資
旅館業法適用除外活用の民泊サービス「とまれる」を傘下に持つ百戦錬磨、2億円の資金調達を発表

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内