A330neo、最初の運航会社はTAPポルトガル航空に

2016年4月10日 日曜日 11:37 午前

TAPポルトガル航空,エアスペース・バイ・エアバス

TAPポルトガル航空がローンチカスタマーとなった新客室ブランド「エアスペース・バイ・エアバス」の機内 資料提供:Airbus

 エアバスはこのほど、TAPポルトガル航空がA330neo初号機の最初の運航会社になると発表しました。

 この発表はドイツ・ハンブルクで開催されたエアクラフト・インテリア・エキスポで発表されたもので、TAPポルトガル航空へのA330neo納入は2017年末になる見込みです。TAPポルトガル航空はエアバスにA330-900neoを14機発注してます。

 A330ファミリーの新型派生機であるA330-800neoとA330-900neoは、同ファミリーの経済性と柔軟性、高い信頼性を受け継ぎ、座席あたりの燃費を14%削減。エンジンはロールスロイス社製の最新エンジン「トレント7000」を搭載します。

 なお、TAPポルトガル航空のA330neoには、エアバスの新客室ブランド「Airspace by Airbus(エアスペース・バイ・エアバス)」が装備され、TAPポルトガル航空はエアスペース・バイ・エアバスのローンチカスタマーとなりました。

 3月に発表されたエアスペース・バイ・エアバスは、エアバスの革新的客室設計を代表する新客室仕様として、航空会社のブランド力を高めます。要素は快適性、環境、サービス、デザインが柱。より寛げる洗練された機能的な最新設計によって、高品質な客室環境を生み出します。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内