エボラブルアジア、シリコンバレーに営業拠点 訪日旅行者獲得や現地旅行会社と提携強化へ

2016年4月6日 水曜日 1:09 PM

エボラブルアジア

エボラブルアジアは、アメリカからの訪日旅行客やITオフショア開発の受注の獲得を目指した営業拠点として、アメリカ・カリフォルニア州サンノゼに「Evolable Asia Corp silicon valley branch」(シリコンバレー支店)を開設した。

3月に政府が発表した訪日外国人数によると、アメリカからの訪日客数は前年比15.9%増となっており、アジア以外の国で初めて100万人を突破した。営業拠点の開設に伴い、アメリカのオンライン旅行代理店(OTA)や旅行会社との提携営業活動を開始する。

アメリカ・シリコンバレーに拠点を置くベンチャーキャピタル、Fenox Venture Capital(Fenox VC)は、2015年10月にエボラブルアジアの総額6.3億円の第三者割当増資と株式譲渡を引き受けており、連携して展開を進める。

エボラブルアジアは、「TRIPSTAR(トリップスター)」や「空旅.com」「旅WEB」などのほか、エイチ・アイ・エスやアスクル、T-TRAVELなどへのOEM提供を行っている。また、ベトナムのホーチミン、ハノイ、ダナンに拠点を持つ、日系最大のITオフショア開発も行っている。

■関連記事
エボラブルアジア、シリコンバレーのFenox VCから総額6.3億円の資金調達

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内