そばアレルギーチェックができるタトゥーシール、北海道のそば店らが開発 外国人観光客向けに

2016年3月23日 水曜日 4:30 PM

soba

札幌市南区の国道230号沿いに集まるそば店からなる、230そば街道推進委員会は、北海道を訪れる外国人観光客にそばアレルギーの認知拡大を図るため、「ジャパニーズタトゥー風そばアレルギー・チェッカー」を開発した。

そば湯をステッカーに塗って皮膚に貼ると、アレルギー反応がある場合はステッカーの一部の赤い模様が浮かぶ仕組み。3月12日には「アレルギー・チェッカー」の体験を、外国人観光客を対象に行った。

海外ではそばがアレルギー反応を引き起こす恐れがあることはほとんど知られていないことから、230そば街道推進委員会では、日本の食文化への理解を促すとともに、そばアレルギーを知らない外国人観光客に対し警鐘を鳴らしていく活動をしていくほか、現状のステッカーデザインより見た目でもさらに解りやすく、アレルギー反応が簡単に表示される仕組みも検討する。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内