シンガポール航空、エアバスA350-900型機を初受領 クアラルンプールとジャカルタ線投入

2016年3月3日 木曜日 4:10 PM

SQ350-2

エアバスは、現地時間3月2日、シンガポール航空にA350-900型機初号機を引き渡した。これにより、シンガポール航空は世界で5番目のA350型機を運航する航空会社となる。

シンガポール航空のA350-900型機は、ビジネスクラス42席、プレミアム・エコノミー24席、エコノミークラス187席の計253席を配置。まずはシンガポールとクアラルンプール、ジャカルタを結ぶ近距離国際線に投入し、5月からはアムステルダムとデュッセルドルフ線に導入する計画。

シンガポール航空は67機のA350-900型機を発注しており、うち7機は最大19時間の飛行が可能なA350-900ULRとして引き渡される計画。A350-900ULRを用いて、アメリカ本土線直行便の復活を計画している。

SQ350-1

■関連記事
エアバス、シンガポール航空引き渡しのA350-900型機の初飛行に成功
シンガポール航空のエアバスA350型機初号機、ロールアウト
エアバス、A350型機の長距離型「A350-900ULR」をローンチ シンガポール航空が選定

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内