フィリピン航空、エアバスA350-900型機発注 ニューヨーク線ノンストップ便開設へ

2016年2月19日 金曜日 5:53 PM

PR2

フィリピン航空は、エアバスに対し、A350-900型機6機とオプション6機を発注する覚書を締結した。シンガポールエアショーで、フィリピン航空のハイメ・バウティスタ社長兼最高執行責任者(COO)とエアバスのファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者(CEO)が発表した。

3クラス制となる見込みで、マニラとアメリカ西海岸、ニューヨーク、ヨーロッパを結ぶ路線に投入する計画。航続距離が長いことから、現在はバンクーバー経由のニューヨークとマニラ間を満席であっても通年ノンストップで運航することができる。

A350はエアバスのワイドボディ機ファミリーの最も新しい機種で、最新のロールス・ロイス社製トレントXWBエンジンを搭載。燃費を25%、整備コストを大幅に削減している。これまでに世界41社から計777機を受注している。

PR1

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内