新政府専用機の外装デザイン決定 777-300ER

2015年4月28日 火曜日 6:01 午後

新政府専用機

新政府専用機の外装デザイン(内閣官房資料より)

 日本政府は4月28日、2019年度から運航開始予定の次期政府専用機の外装デザインを発表しました。

 新政府専用機の外装デザインコンセプトは日本の国旗「日章旗」。現行機のボーイング747-400型機(機体番号:20-1101・20-1102)同様、主翼と垂直尾翼には日の丸を描いており、機体側面にはこれまでにない流れるような赤色のカーブをデザインしています。

 政府専用機の後継機はボーイング777-300ER型機。維持整備等は全日空(ANA)を傘下におくANAホールディングス(ANA HD)に委託されます。

新政府専用機

新政府専用機の外装デザイン三面図(内閣官房資料より)

新政府専用機

新政府専用機の外装デザイン(内閣官房資料より)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内