ANA現役機長が航空大学校の教官に

2014年11月21日 金曜日 6:21 午前

フライトシミュレーター

ボーイング737型機のフライトシミュレーター © Toshio Tajiri/Flight Liner=13年8月

 全日空(ANA)と独立行政法人航空大学校は、ANAの現役パイロットを教官要員として航空大学校仙台フライト課程へ派遣することについて合意しました。

 日本の航空業界では、短期的には国際線を中心とした航空需要の増大に伴う航空市場の拡大やLCCの台頭、中長期的には現在主力である40代のパイロットが大量退職する時代を迎えることにより、深刻なパイロット不足が懸念されています。

 そのような環境下、日本におけるパイロット養成の中心的な役割を果たしている航空大学校に対し、ANAは現役のパイロットの派遣を通じて蓄積してきた実運航の知識やノウハウを提供することで、学生にエアラインパイロットとしての資質の定着を促すとともに、日本におけるパイロットの安定供給に貢献します。

 ANAは12月1日より現役の機長を航空大学校仙台フライト課程に派遣し、エアラインパイロットとして必要な能力の向上などをサポートしていきます。仙台フライト課程はエアラインの運航形態とほぼ同様の「計器飛行方式」にて訓練を実施する最終課程です。

 期間は二年間を予定しており、以後も双方のニーズを確認し、必要に応じて継続するとしています。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内