JAL、6年ぶりに関空の国際線開設 787-8でロサンゼルスへ

JAL,ボーイング787

関西-ロス線開設を決定したJAL。関空発着の国際線は同社にとって約6年ぶり Photographer:Toshio Tajiri/Flight Liner=13年12月

 日本航空(JAL)をはじめとするJALグループは2014年度国際線路線便数計画を一部変更し、関西-ロサンゼルス線を新たに開設すると発表しました。JALグループ国際線として関西空港の国際線開設は約6年ぶり。2015年3月20日より運航を開始し、機材はボーイング787-8型機を投入します。

 JALは首都圏以外の国際線ネットワーク拡大について2015年度の開設を目指していましたが、これを前倒し。早期に開設することで輸送需要の変化に柔軟に対応します。

 関西-ロサンゼルス線の運航本数は1日1往復体制。3月20日から28日までの関西発ロサンゼルス行きJL060便は関西を15時20分に出発し、ロサンゼルスには同日9時20分に到着。ロサンゼルス発関西行きJL069便はロサンゼルスを11時20分に出発し、関西には翌日15時50分に到着する運航スケジュールです。

 3月29日以降は関西発JL060便が17時40分に出発、ロサンゼルス発JL069便は14時30分に出発するダイヤとなります。
 
ロサンゼルスから37地点へ
 今回の開設はロサンゼルスからの乗継利便性も重視しており、JALの共同事業パートナーであるアメリカン航空(AAL)便の利用でロサンゼルスから北米、中南米など37地点に乗り継ぎが可能です。なお、ロサンゼルス空港における発着ターミナルは、トムブラッドレー国際ターミナルを使用します。

JAL,ロサンゼルス線

JALとアメリカン航空 ロサンゼルス線ネットワーク JAL資料より

 関西-ロサンゼルス線開設を記念した往復の特別運賃も発売。関空20周年にちなみ、3月20日の初便はロサンゼルス行きビジネスクラスが20万円。3月20日から4月8日までの20日間限定で、2人で20万円(1人10万円~)からに設定。9月9日朝8時から発売を予定しています。

 関西-ロサンゼルス線は日本の航空会社では唯一の直行便であり、JALは「関西地区の経済発展、お客さまの利便性向上に積極的に貢献してまいります。」としています。
 
■JAL 関西-ロサンゼルス線
(’15/3/20~)
JL060便 関西 15:20 → ロサンゼルス 09:20
JL069便 ロサンゼルス 11:20 → 関西 翌日15:50
(’15/3/29~)
JL060便 関西 17:40 → ロサンゼルス 12:00
JL069便 ロサンゼルス 14:30 → 関西 翌日19:00