阪九フェリー、無料Wi-Fiサービスを拡大 船内全域で利用可能に

2014年7月3日 木曜日 9:00 午前

main

阪九フェリーは、洋上での無線ネットワーク実現のため、NTTドコモ、西部電気工業、フルノシステムズの3社の協力で、日本初の本格的な船舶Wi-Fiをスタートさせた。

阪九フェリーは、北九州と神戸、大阪間を主要航路とする日本初の長距離カーフェリー事業者。年間の利用客数が増加傾向にあり、ビジネス客の乗船も増えてきたことから、2012年から一部旅客のみ利用可能なWi-Fiサービスを開始。今回の導入で、船内全域でWi-Fiの利用ができるようになった。

阪九フェリーは、フルノシステムズの無線LANアクセスポイント『ACERA』(アセラ)を採用。船内環境のWi-Fi化は特殊であることから、NTTドコモと西部電気工業も支援を行った。

アクセスポイントは船内に計18台を設置。試験運用期間を経て、来年の新規造船の際に役立てる。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内