デルタ航空、「スカイマイル」を大幅改定 購入額に応じて特典優遇

2014年3月3日 月曜日 1:01 午後

 デルタ航空(DAL)はマイレージプログラム「スカイマイル」のプログラムを改定すると発表しました。現行サービスの飛行距離に応じたマイル積算モデルから、購入金額に応じたマイル積算モデルに変更するほか、特典航空券用座席数の増加や片道特典航空券の導入、マイルと現金を組み合わせて使えるサービスの導入などを実施します。

 フライトマイルは現行の飛行距離に応じたマイル積算モデルを変更し、改定後は購入した航空券の運賃に基づいてマイルを付与。新サービス導入は2015年1月より。デルタ航空によると、利用客が旅行の計画を立てるのに充分な時間を確保するため、この時期にプログラム変更予定日を発表したといいます。

デルタ航空

2015年1月より「スカイマイル」を大幅改定するデルタ航空 Photographer:Daisuke Tsukida/Flight Liner

 変更後の航空券の運賃に基づいたマイル積算のモデルでは、航空券の購入価格1USドルごとに、スカイマイル会員のランクに応じて5マイルから11マイルが獲得可能で、デルタ航空の多頻度利用者や、より高価格な航空券を購入した利用客がより多くのマイルを貯めることができます。飛行距離が加味されず、購入金額に応じたマイル積算モデルとなるため、一般的なポイントカードのシステムに類似しています。

 1USドルあたり一般会員は5マイル、シルバー メダリオン会員は7マイル、ゴールド メダリオン会員は8マイル、プラチナ メダリオン会員は9マイル、ダイヤモンド メダリオン会員は11マイル貯まります。なお、デルタ航空提携航空会社の便名がついた提携航空会社運航のフライトやパッケージツアー等の非公示運賃利用時については、航空券の運賃クラスごとの規定の加算率を加味してマイルが付与されます。

 マイルの利用については、特典旅行の必要マイル数を5段階に分類することで特典旅行の幅を広げ、最も低い価格帯の利用率を改善。マイル利用時の選択肢を増やす考えです。プログラム変更後の特典旅行に必要なマイル数の表は2014年10月以降にデルタ航空ウェブサイトに掲載され、2015年1月1日より特典旅行の予約受付を開始します。

 このほか、往復の特典旅行の半分のマイル数で利用可能な片道の特典旅行を新たに導入することに加え、マイルと現金を組み合わせて利用できる「マイル+キャッシュ」をデルタ航空ウェブサイトや予約センターで提供します。

 スカイマイルでは引き続きマイル利用のブラックアウト(適用除外)日を設定せず、すべてのフライト全席が特典旅行の対象となります。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内