ANA、冬ダイヤより国内21路線を大増便

全日空(ANA)は10月27日以降の冬ダイヤより、国内線の計21路線を対象に増便します。

ANA,国内線,羽田空港

10月27日以降の冬ダイヤより国内21路線を増便するANA Photographer:Toshio Tajiri/Flight Liner

8月に発表した増便路線は再開路線・期間増便含めて計7路線でしたが、増便路線を3倍に増強。時季ごとの需要動向を踏まえ、国内線ネットワークの充実を目指します。
増便対象路線は羽田-米子、広島、徳島、高知、石垣線。伊丹-秋田、福岡、札幌、函館、那覇、熊本、長崎、宮崎、鹿児島線。神戸-羽田線。中部-石垣、那覇、宮崎、長崎、秋田線。仙台-札幌線の合計国内21路線。
増便期間は各路線毎に異なり、例えば羽田-石垣線は年末年始の12月28日~12月30日と翌年1月2日~1月6日のみダブルデイリー化するなど、冬ダイヤ期間中の需要動向に応じた日に増便を設定しています。
 
■ANA ’14年冬期スケジュール期間の増便対象路線
羽田-米子
羽田-広島
羽田-徳島
羽田-高知
羽田-石垣
伊丹-秋田
伊丹-福岡
伊丹-札幌
伊丹-函館
伊丹-那覇
伊丹-熊本
伊丹-長崎
伊丹-宮崎
伊丹-鹿児島
伊丹-秋田
神戸-羽田
中部-石垣
中部-那覇
中部-宮崎
中部-長崎
中部-秋田
仙台-札幌