15%

JAL、「SKY MUSEUM(スカイミュージアム)」で史料を初公開 工場見学施設リニューアルで

JALは7月22日より、JALメインテナンスセンター内にある工場見学施設を「JAL工場見学~SKY MUSEUM(スカイミュージアム)~」として、工場見学施設をリニューアルオープンすると発表しました。

JAL,SKY MUSEUM,スカイミュージアム

7月22日にリニューアルオープンする「JAL工場見学~SKY MUSEUM(スカイミュージアム)~」 reference:JAL

JALの生い立ちを紹介する「アーカイブズエリア」では、1951年の会社設立以降から現在に至るまでのJAL史料を初めて一般公開。

スカイミュージアム

国際線の新座席、国内線のファーストクラス・クラスJ座席を紹介する座席実物展示エリア reference:JAL

50メートルを超える壁面に掲載された大年表や皇室・特別フライト展示ブース、大年表では紹介できないデジタルアーカイブズ、JALとJASの歴代制服展示、時刻表や機内誌などのデザインコレクション、螺旋状に展示されたモデルプレーンタワーも楽しむことができます。

運航乗務員、客室乗務員、航空整備士、空港スタッフ、グランドハンドリング・貨物スタッフといったJALグループのフライトを支える5つの代表的な職種を展示する「仕事紹介エリア」では、体験コンテンツや、各職種で必ず必要となる7つ道具、業務遂行上のモットーを伝える映像を公開。

また、実際に使用されたコックピットに入ることができたり、実際に使われた客室乗務員用のシートやJALのファーストクラス、ビジネスクラスの最新シートに着席できる体験もスカイミュージアムの楽しみの一つとしています。

なお、スカイミュージアムでは今回の施設リニューアルに伴い、JALグッズを販売するショップもリニューアル。JALホームページ内で注意事項に同意の上、事前申し込みすれば、機体整備工場見学は無料で利用できます。