海外旅行に必携 「プライオリティ・パス」ってなに?

年に数回の海外旅行や、海外出張。あんまり乗るわけじゃないから航空会社の上級会員になれないし、エコノミークラスで欧米出張なら大変。そんな方にオススメなのが、「プライオリティパス(PriorityPass)」。

「プライオリティパス(PriorityPass)」は、世界600ヶ所の空港にある提携ラウンジが利用出来るカードとなる。日本国内で発行されているゴールドカードでは、日本国内の空港のカードラウンジが利用できますが、「プライオリティパス」では、世界中のラウンジが利用可能。空港によっては、航空会社のラウンジも利用できるので、おいしい食事も楽しめます。

「プライオリティパス」に入るには?

プライオリティパスに入るには、プライオリティパスのホームページから申込みができる。また、クレジットカードに付帯されており、無料で入手できる場合もあります。

料金はいくら?

会員種別は3つにわかれており、利用頻度に合わせて最適なものを選ぶことが出来ます。

・スタンダード会員
年会費99ドル・利用料金27ドル(同伴者27ドル)
・スタンダードプラス会員
年会費249ドル・利用料金は10回まで無料(10回以上、同伴者は27ドル)
・プレステージ会員
年会費399ドル・利用料金無料

となっております。こちらから申し込みをすると、10%の割引を受けられます。

もっと安く使う裏技がある?

それは、「楽天プレミアムカード」会員になることです。年会費10,500円で、プライオリティパスのプレステージ会員、年間2回まで空港からの荷物宅配がいずれも無料。Masterブランドだと、何回でも空港からの宅配が無料となる。普通にプレステージ会員に申込むより、2万円以上もお得なのでオススメとなる。

羽田や関西、札幌などにある国内線のカードラウンジも無料で利用可能。

楽天プレミアムカード」は入会でポイントがもらえることも多く、初年度の年会費くらいのポイントがもらえることもありますので、1年間試しに使ってみるのもアリとなる。

日本で「プライオリティパス」が利用出来るラウンジは?

・成田国際空港

IASS Executive Lounge(第一、第二)
KAL BusinessClass Lounge
TEI Lounge(第一、第二)
United Club

・中部国際空港
KAL BusinessClass Lounge
STAR ALLIANCE Lounge

・関西国際空港

KAL BusinessClass Lounge

・福岡空港

KAL BusinessClass Lounge

の4空港10ヶ所となる。羽田空港では利用できないので注意が必要となる。

申し込み

プライオリティパスホームページ
楽天プレミアムカード

B!