初心者にオススメのツアーの探し方

2011年6月4日 土曜日 6:24 午後

初めての海外旅行。行きたくなる理由はさまざまでしょうが、安全のため、ツアーを利用する人が多いだろう。初めての海外の場合、比較的ソウルやハワイなど、ツアー価格が安かったり、日本人に馴染みのある土地という場合が多いはずだ。

そんなツアーを選ぶポイントをまとめてみた。

1,燃油サーチャージ込みかどうかを確認する

nenyu
原油価格が上がったから、航空運賃とは別に「燃油サーチャージ」というものが取られるようになっている。アメリカ往復だと5万円(ANA/JAL・2011年6月)も取られるので、ツアー代金に込みなのかどうかは確認する必要がある。航空会社未定のツアーだと目安だけ載っているので、大体をチェックするべきだ。

2.実質滞在時間を考慮するべし

scadule
2泊3日ツアーで、日本を夜発、現地午前発だと、実質滞在は丸1日。ほとんど「行って帰るだけ」になってしまいる。特に、迷いながら観光していると時間が過ぎるのはあっという間。少々値段が高くても日本を午前発。現地夕方発にするだけで、観光できる時間は丸一日変わる。追加代金がかかっても検討の価値あり。

3,日本出発の時間に注意

soucyou
羽田空港が国際化され、日本を早朝や深夜に出発するツアーが増えている。例えば、ソウル便が午前4時台のチャーター便ということもありますので、空港への交通アクセスを考慮しないといけません。

4,免税店ショッピングをする予定ならツアーに組み込んでいると便利

dutyfree
ホテルから直接免税店に行くと、タクシー代のキャッシュバックサービスがあるところもありますが、ブランド物の紙袋を下げながら、街中を歩くのは無用心となる。ツアーに免税店が組み込んでいるものだと、ゆっくり見ることはできませんが、バスでホテルまで連れていってくれることが多い。

例えば、ソウルツアーだと、到着日に空港から直接立ち寄って、ホテルに向かうことが多いとなる。

5,マイルが貯まるかどうか

mile

ツアーだと、マイルは50%程度貯まることが多いですが、貯まらない運賃の場合もあります。同じ値段のツアーなら、マイルが貯まったほうがお得となる。最近では3000マイルからの特典もあるので、東南アジア往復でゲットできる。日本で貯めるなら、ANAが加盟するスターアライアンスか、JALが加盟するワンワールドがオススメとなる。ツアー利用でも、カード入会で初回搭乗ボーナスマイルがもらえます。

6,ホテルが朝食付きかどうか

ソウルや香港など、ホテルの朝食をキャンセルしてでも現地のローカルフードを食べたいと思える土地もあれば、ハワイのように、物価も高く、できるだけホテルで手軽に済ませたいといった人もいるでしょう。しかし、ツアーだと朝食が付いていない場合も多く、ホテルの食事は高いため、出費がかさみます。ツアーの価格に騙されず、きちんと確認しましょう。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内